身長

身長が伸びる今を大切に

身長が伸びる時期に最大限に伸ばしましょう

身長を伸ばす理論

読了までの目安時間:約 2分

 

身長を伸ばす理論について。

人間の骨格は骨です。

 

 

ですから、身長を伸ばすには骨を成長させることです。

骨は、コラーゲンにカルシウムとリンが吸着してできてきます。

背が伸びつ現象は、骨全体が成長するのではなく、骨端線のところで伸びていきます。

 

 

骨端線は骨の端に存在しています。

骨端線が背を高くするには重要なのです。

骨芽細胞がコラーゲンの繊維をつくります。

そのことで骨端線が成長し、骨は長くなるのです。

 

 

これが、身長を伸ばす原理なのです。

若いうちは骨端線の成長があるのですが、大人になると成長はなくなるのです。

若いうち、すなはち成長期のうちに骨端線を伸ばしましょう。

背を伸ばすということは「期間限定」なのです。

 

 

この時期に背を伸ばさないと、身長を高くすることはできなくなります。

若いときの柔らかかった骨端線が、大人になると硬くなってしまい、成長がストップします。

 

 

身長を伸ばしたいなら、期間限定を意識して、骨端線が成長する間に、背の伸びる方法を取り入れる必要があります。

ヨガのような方法で、骨端線が硬くなっても背を伸ばす方法はあるようですが、基本は、若いうちに骨を伸ばすことなのです。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
タグ